2021年4月24日土曜日

アトリエ minamo

 久々の投稿になります。

前にも書いた気がしますが、ここに載せるネタは100件は言い過ぎにしても、とにかく沢山あります。やることが多すぎて、全然手が回っていないのです。製作記系は2年前からネタが溜まっています。そんな中、今回は最新記事です。

町田市にジオラマに特化した鉄道模型屋さんがあります。鉄道模型屋ってことは商売敵?
とんでもないです。ここは私のジオラマの師匠のお店です。(勝手にそう言っているだけです。弟子にした覚えは無いと言われそうですが)
そんなわけで、東京都のトップが「東京に来るな!」と言われている中、そのお店を訪問してきたので、簡単にレポートとしてまとめます。

というわけで、町田に着きました。小田急の町田駅です。


お店に向かいます。よく考えたら、町田も、かつて私の活動域でした。このラーメン屋に行った事もあるし、その上のバーも仕事の飲み会の二次会で来たことがある気がするし、この屋上は町田を舞台にしたドラマに出てきた気がします。って、なんだか私の他のブログ「ブラ・カズモン」みたいになってきましたが

(GPSのおかげで)無事たどり着きました。お店は2階らしいです。

積もる話もあり、(消毒・マスク着用で)色々話したあと、少し店内を撮影させていただきました。

こ、これは....大井川鉄道?!湖上駅!!!TVでしか見たこと無いけど、本物みたいだ。



C11もやってくる乗り換え駅ですね。C11では無くて、なぜかトーマスがいます。
このレイアウトのすごいところは、「だまし絵」のようになっているところです。路線はほぼフラットなのですが、すごい高低差があるように見えるのです。

レイアウト・ジオラマ特化だけに、レイアウトが沢山あります。「通勤鉄」の私としてはこの方が好きだったりします。

町田だけにこの車両ですね。ウチなら南武線ですね。

ホーム端に一番人が沢山いると思ったら、どうやら撮り鉄らしいです(笑)一体何を狙っているのでしょうね。

そして、このジオラマ。9mmのナローですが、炭鉱をイメージしているらしいです。こりゃテレビとかが取材に来るわけです。


そして、ディズニーランド好きのわたしとしては、この画は並ばされているイメージがあります。

先程のレイアウトに戻りますと、結婚式やっています。

こちらがメインのレイアウトです。新幹線フル16両編成が収まる高架駅です。(ここはもはや伝統のレベルです。→分かる人にしかわからない話です)

ビルの屋上にジオラマ。屋上庭園?というか、Nゲージの機関車としては最小と思われる津川の凸形機関車が、ぴったり収まる極小ジオラマがすごい!

なんだコレ?Nゲージにしては、小さいし、Bトレにしてはデカイ。
答えはプラレールアドバンスらしいです。そんなものがあるという事は知っていましたが、生産終了になったとの事です。

そうこうしているうちにお客様がご来店しました。属性は「貨物鉄」です。「通勤鉄」よりは人口が多いとは思いますが、かなり気合の入った貨物マニアな方でした。

良いですね「スーパーレールカーゴ」東海道線沿線の会社で働いていた頃、通勤時によく見かけました。
minamoさんのお客様とも(消毒してマスクして)色々話をしました。なんだか、コアなマニアの方とお話をしていると、かつてお店をやっていた頃の事を思い出してしまいました。

まだまだ、ネタは満載な感じのお店ですが、今回はこのへんで。
そもそも取材に行ったつもりは無く挨拶に行っただけですが、なんだか取材のようになっていしまいました。

ましてや、仕事のつもりでは無かったのですが、少し商魂が騒いでしまい、このお店のオリジナルグッツをウチでも販売出来ないかと相談したら、ジオラマキットを渡されました。


裏から見た図。

いや、販売用に、完成見本が欲しいと言ったら、「自分で作りなさい」と言われました。「承知いたしました!師匠!!」で良いのですが、私の腕なんて、初心者とプロの中間地点ぐらいの半端なレベルなので、不安じゃぁ!!

以上、「お店訪問レポート」でした。
お店の方々、大変お邪魔致しました。(もう営業妨害レベル?)

私今回何も作っていない。まぁこういうのも良いでしょう。

アトリエminamoサイト↓
http://www.atorie-minamo.com/

おまけ
JR貨物M250系電車-Wiki

アトリエ minamo

 久々の投稿になります。 前にも書いた気がしますが、ここに載せるネタは100件は言い過ぎにしても、とにかく沢山あります。やることが多すぎて、全然手が回っていないのです。製作記系は2年前からネタが溜まっています。そんな中、今回は最新記事です。 町田市にジオラマに特化した鉄道模型屋さ...